りまわり君で築古・空室物件でも利回り20%が実現できます。不動産経営にお悩みのオーナー様は一度、ご相談下さい。りまわり君ならリノベーションでアパート・マンションの資産価値が向上します。

アパート経営を取り巻く環境

  • HOME »
  • アパート経営を取り巻く環境

アパート経営を取り巻く環境

人口減少、供給過剰と言われるなかで、長期にわたる安定した賃貸経営を行うことが難しくなってきています。

①人口減少(少子化による需要減少)
②賃貸物件の供給過剰
③不景気
④入居者ニーズの変化

この状況は今後も継続していく

住宅土地統計調査

オーナー様の持つ課題として

・空室率の上昇
(全国で約20%、愛知県で約16%)
・収益の悪化(家賃の下落)
・メンテナンス費の上昇
・設備投資額の上昇
・管理問題
・相続問題
・一括借り上げ(家賃保証)の不確実性
・物件のスラム化
国家の長期展望

オーナー様の持つ代表的な課題

◯空室があると現金がかかってくる(メンテナンス費)、解体費はでない。
⇒維持していくのが大変になる。
⇒やめることもできない。(解体費の捻出、先祖の土地を減らす心苦しさ)
⇒結果、放置してしまう。(但し、税金や保険はかかる)
⇒スラムになってしまう為、値下げせざるおえない状況になる。
⇒客質の悪化。
⇒管理できない(破損、住居者も不満)、更なるスラム化の悪循環となる。

◯早く手放したい、この先の不安、お金がかかる、先がみえない、手間をかけたくない、知識もない、逃げてる、後回しにしている。

◯本当の損益分岐は、固定費+メンテナンス+解体費までを含んだもの。利益が出ていないことが多い。

入居者の価値観の変化

・自分の価値観(好き・趣味)を大事にする
・古い部屋や設備は絶対に嫌!(いまだに残る新築指向)
・どこも一緒のような部屋 ・希望する地域にいい物件がない
・自分のライフスタイルや趣味で部屋を選ぶ

オーナー様に求められる対策

築古空室物件のオーナー様ができる対策は大きくは以下の3つになります。

①広く知ってもらう
②家賃を下げる
③部屋の価値を高める
しかし現状では
・インターネットで賃貸情報は、すでに入居者に十分届いている。
・家賃を下げても入居者はこない・・・。または、好ましくない入居者が増える
という状況になっています。

この供給過剰の環境では、『③部屋の価値を高め、入居者様にこの部屋に入りたい!』と選らばれることが必要になります。

となればオーナーに求められる考え方は

『物件よりも価値を貸す』

という考え方です。

・・・>リノベーションという選択

お気軽にお問合わせください free_dial 0120-793-942 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日を除く ]

PAGETOP
Copyright © りまわり君 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.